Skip to main content

アイルランドのデータプライバシー監視機関がビッグテックへの懸念を強める

オーストリア、フランス、ノルウェーがGoogle AnalyticsをGDPRに準拠していないと発表した1ヶ月間、アイルランドは激化する議論に巻き込まれた最新の国です。

EUオンブズマンであるエミリー・オライリーは、欧州委員会(EC)がGDPRの遵守に関してアイルランドに対して行動を起こしていないとの認識から、調査を開始しました。

この動きは、アイルランド自由人権協会(ICCL)が、アイルランドデータ保護委員会(DPC)のプライバシー侵害に関する苦情の処理方法について苦情を申し立てたことを受けてのものです。

ICCLは以前からDPCを激しく批判しており、主要な侵害の苦情の98%は未対応のままだと主張しているが、DPCはこれを否定している。

この議論の核心は、ICCLなどがアイルランドのGDPR遵守が著しく不十分であると主張する一方で、ECはそれを裏付ける証拠はないという意見を持っていることです。

これは、いくつかの大手ハイテク企業がダブリンにEU本部を置いているため、アイルランド、そしてDPCが、GDPRの「ワンストップショップルール」のもと、大陸全域におけるデータ処理活動の事実上の規制当局となっていることに起因しています。

しかし、DPCからの決定は遅々として進まず、その結果、議論の焦点となりつつあるDPCの対応について批判が広がっています。

この続きはこちら⇒https://www.irishtimes.com/business/technology/emily-o-reilly-opens-inquiry-into-european-commission-policing-of-gdpr-in-ireland-1.4798907