Skip to main content

フェイスブックが欧州から撤退すると脅す

Metaは、FacebookがEU市民の個人データを米国で保存することが認められない場合、EUにおけるWhatsappとInstagramの事業も白紙撤回し、欧州から撤退すると警告しているとiTWireが報じている。 Metaの米国証券取引委員会(SEC)向け年次記録の深部に埋められた声明は、個人データを守る厳しいGDPR規制によってMetaの事業と収入が阻害されるという懸念が強調されている。

Meta社は報告書の中で、「当社が事業を行う国や地域の間でデータを転送できない場合、あるいは当社の製品やサービス間でデータの共有が制限される場合、当社のサービス提供能力、サービスの提供方法、広告のターゲティング能力に影響を与える可能性があります」と書いています。

メタの警告に感心しない欧州の議員たち

Metaの脅迫は、EUの政治家たちによってすぐに一蹴された。「ハッキングされた後、私は4年間FacebookとTwitterなしで生活してきたが、人生は素晴らしいものだった」と、ドイツのロベルト・ハベック副首相は月曜日の記者会見で語った。

この思いは、フランスのブリュノ・ル・メール財務大臣も同じイベントで、「フェイスブックがなくても生活は非常に良好であることが確認できた」と述べている。

EUと米国のデータプライバシー戦争は続く

メタの発言は、欧州と米国のプライバシー権をめぐる戦争における新たな広辞苑である。個人情報は、メタ社の収益の大部分を占めるオンライン広告に不可欠であり、欧州からのデータ転送を監督する枠組みは現在混乱している。その背景には、2020年7月にEUで起きたSchrems II事件で、EUと米国の2国間のデータ輸出協定であるプライバシーシールドが、GDPRで定められたEU市民のデータの権利を十分に保護していないと判断されたことがある。 その核心は、EU市民のデータプライバシー権と米国における侵略的監視法の間の摩擦である。そして、EUと米国は代替となるプライバシーシールドの交渉を開始したが、合意は当分なさそうである。 Metaの声明についてもっと読むhttps://itwire.com/listed-tech/meta-threatens-to-pull-facebook-and-instagram-from-europe-if-it-can-t-target-ads.html