Skip to main content

個人サイトにおけるGDPR対応とは?

WebサイトのGDPR対応は、ある意味大きな問題です。 このデータプライバシー法は、世界中の企業に激震を与え、EU市民や居住者のデジタル情報のセキュリティ強化を迫りました。 この震動を感じたり、個人データの不正使用に対して企業に課される巨額の罰金について聞いたことがある方は間違いなく、自分の個人サイトやブログにとってGDPR対応とは何かと考えているはずです。

最終的には、個人のウェブサイトを暇つぶしに運営し、そこからお金を稼いでいないのであれば、何も心配することはありません。 しかし、この先、あなたのウェブサイトがGDPRの範囲に該当することを意味する問題があります。

これを分解してみましょう。

GDPRと個人データ

GDPRは、欧州連合に住む人々の個人情報を保護するために存在します。しかし、GDPRのもとでは、個人データは想像以上に幅広いカテゴリーに分類されます。具体的には、個人Webサイトにコメント欄やニュースレター購読のオプションがある場合、GDPRへの準拠を検討する必要があります。

また、ユーザーが登録したり、個人情報を入力したり、電子メールによる通知を要求したりできるようなウェブサイトにも適用されます。

個人用ウェブサイトとは?

Webサイトはビジネスばかりである必要はありません。多くの人は、情熱を追求したり、感情を共有したり、私生活で起こっていることを話したりするためにWebサイトを作成します。 こうしたものは「個人Webサイト」と呼ばれることもありますが、ブログやオンライン日記とも呼ばれ、すべて同じ意味です。しかし、GDPRに関する限り、これらをFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアやMediumやSubstackなどのブログサイトと混同しないことが重要です。 これらのサイトを利用している場合、GDPRはそれらを「データ管理者」と見なすので、プライバシー法について心配する必要はありません。つまり、そこに投稿された個人情報に対する責任は、あなたではなく、彼らにあるのです。

ただし、この場合でも、これらのプラットフォームを通じて処理する個人データは、個人的な活動のためにのみ行われることが前提です。

GDPRは個人ウェブサイトについてどのように述べていますか?

この規則は、自然人が純粋に個人的または家庭的な活動の過程で行う個人データの処理には適用されず、したがって職業的または商業的な活動とは無関係である」と述べています個人的または家庭的な活動には、通信や住所の保持、ソーシャルネットワーキングやその文脈で行われるオンライン活動などが含まれます。ただし、この規則は、そのような個人的または家庭的活動のために個人データを処理する手段を提供する管理者または処理者に適用されます」。 GDPRのこの部分(別称「国内目的」免除)は、ウェブサイトが個人データ(IPアドレスを含む)を収集する場合、それを個人的理由で運営していれば、GDPRから免除されるということです。 ただし、例えば、商品を販売する場合は、GDPRによって企業に分類されてしまい、データを適切に保護する必要が出てくるのです。

個人事業主や零細企業の場合はどうでしょうか。

残念ながら、GDPRの遵守は大企業に限ったことではありません。 EU市民の情報を収集するあらゆるビジネスに影響します。ただし、インターネット時代には珍しいことですが、Webサイトで収益を得ていない場合は、GDPRを気にする必要はありません。

つまり、注文を受けるように設定しておらず、コンタクトフォームもなく、個人データも収集していないのであれば、GDPRの監視の目から解放されたことになります。

個人のウェブサイトと分析ソフトウェアについてはどうでしょうか?

Google Analytics、Spring Metrics、そして弊社独自のVisitor Analyticsなどのウェブサイト解析は、訪問者がウェブサイトとどのように相互作用するかを監視するソフトウェアです。 これらは、何人があなたの投稿を読んでいるかを教えてくれるので、個人のウェブサイトに統合するのが楽しいツールです。ただし、これらのソフトウェアを使用する場合は、裏でデータを収集していないことを確認する必要があります(その場合は、設定をいじる必要があります)。

ボトムライン

個人のウェブサイトからお金を稼ぐと同時に、EUに住む人々の個人データを保有しているのであれば、デジタル化の年を間違えてしまったことになります!そうであれば、GDPRの遵守ガイドラインを調査し、データプライバシー執行とそれに伴う罰金に抵触しないような措置を取る必要があります。

当社のマーケティング担当者向けGDPRハンドブックは、その手始めとして最適です。また、当社のウェブサイトには、個人事業主のためのGDPRコンプライアンスに関する情報が豊富に掲載されていますので、当社のポータルにアクセスして、詳細をご覧ください。