Skip to main content

拡張現実は消費者行動をどう変えるか

消費者の行動は常に変化しており、人々はより簡単に良質の製品を購入する方法を探しています。

今日、消費者はこれまで以上に、個々人に合わせたコミュニケーション、迅速な顧客サービス、倫理的なビジネス慣行などを期待しています。

その強力な推進力となっているのが、ここ数十年で飛躍的に進歩したテクノロジーです。この技術革新は消費者の行動を形成し、企業がデジタルでできること、できないことを決定づけます。

拡張現実はそのような技術革新の一つであり、ショッピング体験を豊かにするその能力は、消費者行動に真の影響を及ぼしている。

特に、近い将来、マーケティング戦略に大きな影響を与えることになるため、議論する価値のあるテーマです。

しかし、拡張現実とは何か、そしてそれがどのように顧客行動に影響を及ぼしているのでしょうか。

さっそく見てみましょう。

拡張現実とは何か?

拡張現実(AR)とは、簡単に言えば、現実の世界を拡張したものです。

この技術は、私たちの身の回りにあるものを取り上げ、その上に音、画像、グラフィック、位置情報などの形でコンピューターが生成したコンテンツを重ね合わせるものです。

これを読んで「斬新だ」と思う人もいるかもしれませんが、拡張現実は、実はiPhoneと同じくらい重要な発明なのです。人工知能に支えられた拡張現実は、メタバースへの入り口であり、私たちのデジタルライフの未来を形作る上で、何らかの役割を果たすでしょう。

すでに大きなビジネスになっていますが、拡張現実は2028年までに2500億ドル規模の産業に成長すると予想されています(Statista)。これは5Gの普及によって促進され、この技術の可能性を大きく押し上げることになるでしょう。

完全にデジタルな体験を提供し、視聴者は周囲の現実世界を見ることができないバーチャル・リアリティと混同してはならない。

また、バーチャルリアリティは、多くの高価なハードウェアを必要とします。それに対して、拡張現実感の優れた点は、カメラ付きのスマートフォンさえあれば、消費者が簡単に利用できることです。

現在、世界中で60億台以上のデバイスが使用されており(Statista)、これは、拡張現実をマーケティング戦略に組み込んだ企業が、消費者のアクセスを現実的に期待できることを意味します。

拡張現実とカスタマー・エクスペリエンス

カスタマー・エクスペリエンス(CX)は、消費者の意思決定プロセスを決定するため、重要な意味を持ちます。

65%の人が従来の広告よりもCXに影響され、74%の人がCXだけで購入する可能性が高い(Forbes)と言われています。

最終的に、優れたCXはあなたの会社を競合他社から際立たせ、新規顧客を引き付け、既存顧客を維持する能力を高め、あなたの評判を向上させることができます。

このように、CXはあらゆるビジネスの持続的な成長にとって基本的なものだと考えられています。

しかし、優れたCXとはどのようなものでしょうか。簡単に言えば、優れたCXとは、お客様を第一に考え、カスタマージャーニーのすべての部分がパーソナライズされ、ストレスなく利用できるように設計されたものです。そして、マーケティングとインターネットに関して言えば、企業は自社製品に命を吹き込むための最適な方法を見つける必要があります。

この点で、拡張現実は素晴らしいものです。デジタルと現実の世界を引き寄せる方法は、企業にとって、消費者がより感情的なレベルでつながるような、記憶に残る没入型の体験を生み出す機会を提供します。

例えば、消費者はウェブサイト上で服の画像を見るだけでなく、バーチャルに店内を歩き、試着して選び、それを着た姿を見ることができるのです。

このテクノロジーは楽しいものですが、消費者にとってはまだ比較的新しく、斬新で、刺激的なものであるため、エンゲージメントを高めるには最適な方法といえます。

これを裏付けるように、ARを使った体験は、従来のマーケティングに比べて94%も高いコンバージョン率を返しています(Deloitte)。

オーグメンテッドリアリティの実例

拡張現実は以前から存在していましたが、Snapchatのフィルターやオンラインゲームの世界での利用が最もよく知られていると思います。

ここでまず思い浮かぶのは、2016年に世界的なブームとなり、ピーク時には2億3200万人のゲーマーを集め、2020年だけで任天堂に12億3000万ドルをもたらした「ポケモンGO」の例です。

若い世代は、拡張現実を見ることに非常に慣れています。SnapchatやTik-Tokのコンテンツは没入型である割合が増え続けており、他のソーシャルメディアプラットフォームもここでの成功を追いかけています。

しかし、拡張現実は主にゲーマー向けであるとか、若者向けのものであるといった認識は変わりつつあります。

今日、その指紋は、ファッションや医療、観光や旅行など、あらゆるところで見受けられる。現代的な応用例としては、スマートな美容ミラー、ドレッシングルーム、家具のビジュアライザー、旅行ガイドなどがあります。

拡張現実と消費者行動

ショッピングの習慣は永遠に変化し続け、拡張現実はインターネットの登場やコンピュータからモバイルへのジャンプと同じくらい消費者に影響を与えています。

近年、eコマース市場は爆発的に拡大しています。これはCOVIDの大流行によって大きく後押しされたもので、消費者の行動に強力な影響を与え、新しい習慣は今後も続くと考えられています。

その影響のひとつは、オンラインで買い物をする人の割合が増えたことです。しかし、その反面、期待にそぐわない商品を買ってしまうことも少なくありません。

拡張現実は、購入前に試せるし、購入後もインターフェイスを使って問題を解決できるので、この問題を解決するのに役立ちます。

消費者もまた、新しい現実に期待を寄せています。世界の46億人のソーシャルメディアユーザーは、気づいているかどうかにかかわらず、日常的に拡張現実に触れています。

AR は、Fortnite(ユーザー数 3 億 5000 万人)やどうぶつの森(ユーザー数 2 億 3000 万人)のような巨大なオンライン マルチプレイヤー コミュニティの出現にも力を発揮している。これらの数字は、それ自体が社会的コミュニティと見なされるのに十分な大きさで、ゲーマーをARに慣れさせている。

このように、このテクノロジーは、未来のショッピング習慣を形成しつつあるのです。

拡張現実は、消費者の心理にも影響を与えており、ユーザーの快楽受容体を刺激することが研究で示されています。このような強い感情的な結びつきによって、消費者は商品をすでに所有しているかのように感じ、これが販売の可能性を高め、顧客セグメンテーションやマーケティングコミュニケーションに真の意味での影響を与えることになるのです。

拡張された未来へ

つまり、ARはデジタルとリアルの世界を縮めるものなのです。

商品を試したり、目的地を確認したり、ショッピングをより楽しくすることができます。

また、マーケティング担当者が消費者と関わるための新しい方法を生み出し、近い将来、ARを利用した販売が爆発的に増加すると予想されることから、企業のビジネスのあり方を大きく変える可能性を秘めているのです。

マーケティング担当者は、ARを自社のコミュニケーションに組み込むか、競争力に遅れをとるかのどちらかです。