Skip to main content

未来を形作る10の重要なマーケティングトレンド

待っている暇はない。未来はもうここにあるのです。もし、あなたがまだマーケティングとマーテックの未来について考えていないのなら、すぐに遅れをとることになるでしょう。今後何年にもわたって未来を形成し続けるであろうマーケティングトレンドのいくつかをチェックしてみてください。

人工知能(Artificial Intelligence

最近、AIは基本的にどこにでもあり、その傾向は将来もずっと続くでしょう。 現在、コンテンツ作成、チャットボット、検索エンジン、データ分析、自然言語処理、パーソナライゼーションなどのサービスでAIを見かけることができます。 AIには、より良い顧客体験、より革新的な製品やサービス、高いコスト削減、生産性の向上、意思決定の改善など、多くのメリットがあるため、ほとんどの企業がAIへの投資を拡大する予定です。

機械学習やディープラーニングの高度化に伴い、今後さらに多くのAIを目にすることになるでしょう。

カンバセーショナルマーケティングとチャットボット

AIの台頭は、ビジネスやプロセスにとっては素晴らしいことですが、人との対話となると、あまりにも機械的に聞こえてしまうことがあります。

人々は即座の反応を求めるだけでなく、実際の人間と接するように、会話形式で対話することを望んでいます。AIには限界があるため、マーケッターの仕事は少し難しくなるかもしれません。しかし、最近チャットボットと対話したことがある人なら、事態が改善されていることを実感できるはずです。

より高度なAIを使うことで、企業はよりパーソナライズされた動画やメールを作成したり、バーチャルな営業アシスタントを提供したりすることもできるようになりました。このように、企業は、いつ、どのように、どこででも、顧客の希望に沿った出会いを実現することができます。

 

音声マーケティング

少し前までは、デバイスと対話する方法はテキストだけでした。今では、声だけで多くのデバイスと対話することができます。

Alexa、Siri、Google Nestは、音声によるインタラクションを飛躍的に向上させました。

何かお探しですか?Siriに聞けばいいんです。新しいガジェットを買いたい?Googleに頼めば、探してくれて、買ってくれる。

一部のブランドは、すでにこれを実現しています。Walmart Voice Orderは、音声コマンドだけで商品を選び、カートに入れることができる。AmazonFreshも、Alexaを通じて買い物ができる。

 

ビジュアルサーチ

ビジュアルサーチは、音声マーケティングをさらに一歩進めたものです。

人々はもはや、探しているものを見つけるために、音声やテキストで、特定のキーワードを使って説明することを望んでいません。もっと簡単なのは、写真を使って検索することです。これは2010年代後半から、程度の差こそあれ、可能になっています。

AIの改善により、Google Lens、Pinterest Lens、Amazon StyleSnapは、何十億もの画像を検索して、誰かが探しているものをより正確に見つけることができるようになった。

ASOSはすでにこの技術を使って、画像に基づいて正確な商品や同じスタイルの類似商品を探しています。

プログラマティック広告

プログラマティック広告は、すでに多くの人がベストプラクティスと考えていますが、いまだに手動の入札オプションに頼っているデジタル広告の専門家も存在します。

AIが進化し続ける中、自動化された広告に取り組むことが容易になるとともに、リードの生成や予算の有効活用に役立つ精度の高い広告であることを信頼できるようになりつつあるのです。

XR

AR/VR/MRの総称であるXR(eXtended reality)は、この10年でマーケティングに浸透してきました。

ゲームやフィルターなどのさまざまな携帯電話の機能でよく見られますが、企業がそれを利用しているケースも見受けられます。

IKEA Placeはその良い例です。同社のARアプリでは、IKEAの家具を自分の部屋に置いて、サイズやスタイルが自分のニーズに合っているかどうかを確認することができる。

XRを活用している多くのブランドは、この技術が、よりリアルで、パーソナライズされた、没入感のあるストーリーテリング体験の可能性を生み出し、人々がブランドと感情的につながり、ブランドロイヤルティを高め、購買数を増加させることができることを理解している。

予測・拡張アナリティクス

データは、ここ10~15年でマーケティングにおける最大のゲームチェンジャーのひとつとなったことは間違いないでしょう。信頼できる正確なデータがなければ、どんなに優れたマーケティング・アイデアも軌道に乗せることができません。

このトレンドは、現時点ではかなり止めようがない。AIとMLは、予測分析と拡張分析によって、さらに多くのことを可能にしました。

予測分析は、その名が示すように、企業が未来を予測するのを助ける働きをします。マーケティング用語では、より洗練されたリード獲得、顧客セグメンテーション、パーソナライゼーションを意味します。

拡張アナリティクスは、データの準備と共有を自動化し、より大規模なデータセットでの作業を容易にするのに役立ちます。

ノーコード・マーケティング

マーケターにとって、やるべきことは分かっていても、それを実現するための技術力がないことほど、もどかしいことはありません。

通常、新しい マーケティング技術は、ソフトウェア開発チームによって生み出されます。そして、彼らは常に必要ですが、マーケティング担当者はノーコードのオプションを活用することができます。

デジタルアセット、アプリ、分析、ワークフローはすべて、ほとんど開発スキルを必要とせずに作成することができるのです。

ロケーションベースとARベースの広告

友人と何気なく商品の話をしていたり、Googleで簡単に検索していたら、その日のうちにFacebookやInstagram、YouTubeでその商品の広告を見かけるようになった、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。ちょっと不気味でうっとうしいかもしれませんが、これが広告の未来なのです。

IoTにより、ますます多くのデバイスがネットワークに接続されるようになりました。そのため、広告をさらにパーソナライズすることが可能になります。

あなたが通りかかるとデジタルビルボードに同じ商品が表示されたり、お気に入りのポッドキャストの最中に広告として表示されたり、あるいはスマホを操作しているときにAR体験の提案として表示されることを想像してください。

広告主は、誰かの行動、場所、時間に基づいて、より精度の高い広告のパーソナライズができるようになります。

ブレイン・インターフェース広告

人の心の中に直接広告を入れるというのは、SFのように聞こえるかもしれませんが、案外現実に近いかもしれません。

この新しいマーケティングの第一歩は、イーロン・マスクのNeuralinkかもしれません。脳の特定の領域にミクロンサイズの糸を挿入することで、人は理論上、コンピューターやデバイスとインターフェースをとることができるのです。

このようなリンクから何が生まれるか、あるいは人々がそれを受け入れるかどうかは誰にもわかりませんが、ニューロマーケティングの分野では次の論理的ステップと言えるでしょう。

いずれにせよ、マーケティングの未来はデジタルであることは間違いありません。あなたはすでにどのようなトレンドを探っていますか?ぜひ教えてください。また、これらのことを理解するのに少し手助けが必要な場合は、私たちのガイドをご覧ください。