Skip to main content

AIはデジタルマーケティングの未来をどう変えるか

膨大な量のデータを収集・分析し、将来のトレンドを予測する能力や、時間のかかる作業を自動化する能力を持つ人工知能は、マーケティング戦略を大きく変えようとしています。その方法はこちらでご確認ください。

データは長い間、デジタルマーケティングの原動力であり、その成功は、データプライバシー規制の制約の中で、企業がこのリソースを十分に活用できるかどうかで決まると言われています。

そこで登場したのがAIです。AIがデジタルマーケティングの未来をどう変えるか

マーケティング担当者が利用できるデータ量が爆発的に増加するにつれ、その情報をより効果的に活用する方法が求められています。

2018年には29%だったマーケターが、わずか2年後には84%になるなど、近年AIの導入が劇的に増えている理由もここにあります(Salesforce)。

このように考えると、AIという言葉を聞いたことがあっても、その価値や活用方法について、現在も将来もよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

ご安心ください。

人工知能とは?

人工知能(Artificial Intelligence)、略してAIは、通常人間の知能を必要とするタスクを実行する機械を設計するコンピュータサイエンスの広範な分野である。

簡単に言うと、十分な量のデータを与えると、ソフトウェアが人間のように考え、読み、反応することができるようになります。また、機械は経験から学習し、人間の介入なしに新しいデータの現実に行動を適応させることができるようになります。

近年、AIは医療、金融、そして私たちの友人であるマーケティングなど、さまざまな業界において必要不可欠なツールとなっています。

Siriや顔認識、自動運転車、スマートアシスタント、チャットボットなど、私たちの身の回りにあるあらゆるものがAIによって支えられています。しかし、多くの明白な例があるにもかかわらず、実際にははるかに多くのAIアプリやツールが舞台裏で静かに動作しており、すべての人の生活をより快適なものにしているのです。

結局のところ、すべてはお金に帰結する。

人工知能が人気なのは、企業のコストを削減し、収益を上げることができるからです。例えばNetflixは、機械学習によってレコメンデーションエンジンを強化することで、10億ドル以上を節約したと推定しています。

また、それ自体も大きなビジネスです。2025年には、世界のAI市場の規模は1906億ドルに達し、2018年当時の8倍以上になると予想されています(MarketsandMarkets)。

AIマーケティングがもたらすメリットとは?

過去には、マーケターが人工知能をシステムやプロセスに組み込むことに躊躇するのも無理はありませんでした。

これは過去5年間で劇的に変化し、今日のマーケターは、AIが自分たちの仕事にもたらす価値をよりよく理解しています。

  • マーケティングROIの向上です。AIは、リード、コンバージョン、ウェブサイトのインタラクションなどのデータソースから学習し、多くの作業を自動化しながら販売サイクル全体を改善し、デジタルマーケティング戦略のコストを引き下げます。
  • より良いカスタマーエクスペリエンス。マーケティング担当者は、理想的な瞬間に配信される、よりターゲット化され、パーソナライズされたコミュニケーションによって、消費者の旅を合理化することができ、その過程でブランドの評判を向上させることができるようになります。
  • 効率性の向上:メールやソーシャルメディアへの投稿など、時間のかかる作業を自動化することで、スピードと正確性を向上させ、従業員は人間の手が最も必要とされる作業に集中することができます。
  • データの有用性の向上:AIにより、膨大なデータを迅速かつ正確に分析する能力が向上し、消費者行動やトレンドをマーケティング戦略に取り入れることが可能になります。
  • 消費者インテリジェンスの向上:AIにより、過去のデータから顧客の行動を予測することができ、在庫レベルから顧客への推奨、商品価格設定まであらゆることを改善することができます。
  • パーソナライゼーションの向上。膨大なデータを瞬時に活用できるAIの能力により、過去の行動と将来の予測をコンテンツ配信に統合し、マーケティング戦略の超パーソナライゼーションを実現します。
  • より良いコンテンツ:AIは、セグメンテーションと履歴データの高速プールを分析し、個々の顧客が最も反応するコンテンツと、それを提供する最も効果的な方法を決定することができます。

マーケティングにおける人工知能の活用例

AIはマーケターの仕事をあらゆる面で楽にすることができ、カスタマーサポート、SEO、データプライバシーなどにもソリューションが見いだせます。

以下では、AIマーケティングのより顕著な例についてご紹介します。

チャットボット

インターネット上でよく見かけるようになったもので、そのほとんどが人間が介在しないAIによるものです。インターネットユーザーの個人情報を収集するのに有効な手段であり、人間が関与することなく、新規リードの継続的なパイプラインを維持することができます。

メールマーケティング

人工知能は、メールマーケティング担当者が通常行っている作業の多くを自動化します。過去のキャンペーンを評価し、そのデータを使って効果的な件名などを自動的に作成したり、コンテンツの作成、適切な画像の提案などを行うことができるようになりました。

カスタマーリレーションシップマネジメント

人工知能は、企業があらゆるマーケティングチャネルで顧客がどのように交流するかを完全に理解することを可能にします。また、AIを搭載したCRMは、「解約」の削減、売上予測、個人データの管理(整理して最新の状態に保ち、企業がデータ保護義務を果たすのを支援する)を可能にします。

ウェブサイト

AIを活用することで、Webサイトの訪問者や直帰率、ヒートマップなど、Webサイトのパフォーマンスを詳細に分析することができ、Webサイトのパフォーマンスやユーザー体験の向上に役立てることができます。

マーケティングの未来はすでにここにある

膨大なデータを素早く分析し、的確な判断を下すことができるAIの重要性は、ネット上のデータ量が爆発的に増加するにつれ、ますます高まっていくでしょう。

あらゆるマーケティング業務において、機械が人間と同じように効果的に働くようになるには、まだ長い時間がかかると思われます。しかし、近い将来、イノベーションによってその差は縮まり、デジタルマーケティング戦略を改善し、消費者の動向や行動に関するデータに基づく洞察を企業に提供する上で、その効果はますます高まっていくでしょう。

このように、AIは現在も将来も、デジタルマーケティング担当者にとって不可欠なツールであり続けるでしょう。このような観点から、未来はすでにここにあるのです。