Skip to main content
プラットフォーム

カナダの個人情報保護及び電子文書法 (PIPEDA)

当ブログでは、これまで何度もプライバシーとデータ保護について話してきましたが、個人情報保護(PIPEDA - The Personal Information Protection and Electronic Documents Actについて取り上げたことはありませんでした。この記事では、カナダの個人情報保護法、現在の法律と将来の法律の提案を見てみましょう。

カナダには2つの連邦法があり、EUのデータ保護局(DPA)に相当する個人情報保護の専門機関であるカナダプライバシー・コミッショナー事務所(OPC)が施行しています。 OPCの公式サイト(非常に精巧に作られているので、カナダのウェブサイトをお持ちの方はぜひチェックしてみてください)によると、カナダの連邦法は以下のようになっています。

個人情報保護法

個人情報保護法は、政府が市民の個人データをどのように扱うか、公共政策や国家プログラムを実施するために使用されるデータを規制しています。それは、カナダ人は、いつ、どのように彼らの個人情報が収集されているとどのようにそれが政府機関によって使用されているかを知る権利を持っていることを述べています。この法律は、これらの機関が保持する個人情報を保護し、市民が自分のデータにアクセスする権利を付与します。プライバシー法は、通常、政府が提供する次のサービスに適用されます。

  • 雇用保険

  • 年金保障給付

  • こうきょうあんぜんせいさく

  • 集税還付

  • 国境警備。

個人情報保護・電子文書法(PIPEDA

PIPEDAは、民間企業が個人データをどのように扱うかを規制するもので、2019年5月に最終改定された。OPCによると、PIPEDAでは、個人データを「以下のようなあらゆる形式の個人に関する主観的な情報」と定義しています。

  • 年齢、氏名、ID番号、所得、民族、血液型など。

  • 意見、評価、コメント、社会的地位、懲戒処分など。

  • 従業員のファイル、信用記録、融資記録、医療記録、消費者と商 人との間の紛争の有無、意図(商品やサービスの獲得、転職など)。

企業がPIPEDAに準拠するためには、個人データを収集する前に必ず個人の同意を得なければならず、そのデータは収集した目的のためにのみ使用することができます。データが開示され、それが以前に個人によって承認されたよりも他の方法で使用されようとしている場合は、新たな同意が必要です。これは非常に厳しいと思われるかもしれませんが、GDPRの方がより厳格であり、より明確に定義されていることを心に留めておいてください。PIPEDAの同意は「明示的」または「暗示的」であり、議論の余地を残していますが、GDPRの同意は非常に具体的でなければなりません。もう一つの大きな違いは罰金ですが、PIPEDAの罰金はGDPRの罰金(2,000万ユーロまたは企業の年間売上高の4%)に比べてはるかに低く(10万カナダドル、約6万5,000ユーロ)なっています。治外法権の適用やデータ侵害についても、この2つの間では異なる扱いを受けています。PIPEDAとGDPRのより詳細な比較については、こちらのパンフレットをご覧ください。

PIPEDAと個人情報保護法の他にも、地域別の個人情報保護法があり、州によって異なります。例えば、アルバータ州とブリティッシュコロンビア州では、従業員の情報をより良く規制するためのデータプライバシー法が可決されており、オンタリオ州を含む他のいくつかの州では、医療患者の情報をより良く保護するための健康関連のプライバシー法が制定されています。また、銀行法のように、データの正確性を確保し、情報の開示を制限するセクター別のプライバシー法もあります。

2020年デジタル憲章実施法

このパンデミックは確かに人々の生き方を変え、テクノロジーを介してこれまで以上に交流するようになりました。これまで以上に多くの個人情報がオンライン媒体を介して転送されるようになり、特にオフィスからWFHへの移行が進み、企業からの法的書類のほとんどがオンラインで転送されるようになりました。 もちろん、このようなことは世界中で起こっていますが、カナダ政府はこれを現行のプライバシー法を改善するためのステップポイントと見なし、これらを前提に、カナダのイノベーション・科学・産業大臣であるNavdeep Bains氏は2020年デジタル憲章実施法という新しい法律プロジェクトを提案しています。

"COVID-19パンデミックは、カナダ人の働き方、情報へのアクセス、サービスへのアクセス、愛する人とのつながり方を変えつつあるデジタルトランスフォーメーションを加速させました。この変革は、プライバシーや企業がカナダ人のデータをどのように扱うかについての懸念を、これまで以上に重要なものにしています。カナダ人のテクノロジーへの依存度が高まる中、カナダ人が自分のデータがどのように使用されているかを知り、その取り扱いをコントロールできるようなシステムが必要です。カナダが成功し、企業がこの新しい現実の中でイノベーションを起こせるようにするためには、明確なルールと執行力を備えた信頼に基づくシステムが必要です。本法案は、この目標達成に向けた重要な一歩となります。- Navdeep Bains、イノベーション・科学・産業大臣、出典:カナダ政府、canada.ca.

結論として、変化と改善は進行中ですが、ここビジターアナリティクスでは、ユーザーが訴訟や罰金を受けないように、国際法を常に最新の状態に保ち、プライバシーに準拠した最高のウェブ解析ツールを市場に提供するために、常に最善を尽くしています。