Skip to main content

COPPA - Children's Online Privacy Protection Act (アメリカ合衆国)

正式名称

COPPA(Children's Online Privacy Protection Act) - 15 U.S.C. 6501-6508。

COPPAの詳細

この法案は2000年から施行されています。

Children's Online Privacy Protection Actは、米国の連邦規則集(Title 16, Subchapter C)の一部であり、"インターネット上での子供からの、または子供に関する個人情報の収集、使用、および/または開示に関連した不公正または欺瞞的な行為または慣行 "を禁止することを目的としています。

この法律は、米国内に居住する13歳未満の子どものデータを故意に収集する企業や組織に適用されます。COPPAは、ウェブサイトやアプリなどのオンライン事業体に対し、子どもの個人情報(以下に訳すことができます)を収集する際に親の同意を得ることを求めています。(1) 名字と名前 (2) 自宅またはその他の物理的な住所(通りの名前と市や町の名前を含む) (3) このセクションで定義されているオンラインの連絡先情報。(4) 本項に定義されるオンライン連絡先情報と同様の機能を有するスクリーンネームまたはユーザーネーム (5) 電話番号 (6) 社会保障番号 (7) 時間の経過とともに、また異なるウェブサイトやオンラインサービス間でユーザーを認識するために使用できる永続的な識別子。このような永続的識別子には、クッキーに含まれる顧客番号、インターネットプロトコル(IP)アドレス、プロセッサやデバイスのシリアル番号、固有のデバイス識別子などが含まれますが、これらに限定されるものではありません (8) 写真、ビデオ、またはオーディオファイルで、子供の画像または音声が含まれるもの(9) 通りの名前や市や町の名前を特定するのに十分な位置情報 (10) 事業者がオンラインで子どもから収集し、この定義に記載された識別子と組み合わせた、子どもまたはその親に関する情報。

COPPAの定義では、子どもの個人情報を収集・配信する可能性のある「ウェブサイトまたはオンラインサービス」には以下のものが含まれます。

  • オンラインで情報を送受信するモバイルアプリ(ネットワークに接続されたゲーム、ソーシャルネットワーキングアプリ、行動ターゲティング広告を配信するアプリなど)
  • インターネット対応のゲームプラットフォーム
  • プラグイン
  • 広告ネットワーク
  • インターネット上の位置情報サービス
  • インターネット経由の音声サービス
  • コネクテッド・トイまたはその他のIoTデバイス

COPPAに関するリソース

正式な法律はこちら法的観点はこちら