Skip to main content

302 リダイレクト

302 リダイレクト

TL;DR;

302リダイレクトは、ウェブページ上の1つまたは複数のURLに対して設定できるHTTPレスポンスで、トラフィックを一時的に別のURLに転送するために使用します。302リダイレクトを行う理由は、通常、ウェブサイトのセクションが一時的に利用できなくなることと関係があり、そこで作業が進行している可能性があります。しかし、302 HTTPレスポンスの使用は最近更新され、その役割は307 HTTPレスポンスに引き継がれました。

302リダイレクトとは?

302リダイレクトは、一時的に利用できないURL(作業中またはその他の理由で一時的に利用できないURL)から、情報が得られるURLにトラフィックを転送するために、一時的なURLリダイレクトによく使われるHTTPレスポンスステータスコードです。最近の規格では、「一時的に移動しました」という機能は307 HTTPレスポンスに割り当てられたので、302と同じ目的で使用することができる。しかし、多くのウェブマスターは、いまだに307ではなく、302リダイレクトを使用しています。

301リダイレクトと302/307リダイレクトの違いは何ですか?

301リダイレクトは永久的な移動を示すために使用されますが(たとえば、ウェブサイトがドメイン名を切り替えたとき)、302と307リダイレクトは一時的なものです。301とは異なり、旧URLの品質やページランクを新URLに移すことはありません。サーバーは、古いURLへのリクエストを受け取ると、古いURLを確認し、新しいURLにリダイレクトします。301リダイレクトの場合、2回目のリクエスト時には、サーバーが直接新しいURLをチェックします。しかし、302と307リダイレクトの場合、サーバーはもう一度、古いURLが復旧しているかどうかを確認してから、リダイレクトを行います。