Skip to main content

304 未変更

TL;DR

304 Not Modifiedメッセージは、HTTP レスポンスステータスコードでキャッシュされたバージョンの ウェブリソース(ウェブページなど)にリダイレクトされて いることを示す可能性が最も高いものです。リソースの読み込みが速くなることを除けば、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えることはありません。

304 Not Modifiedメッセージとは何ですか?

304 Not Modified メッセージは、HTTP レスポンスステータスコードのひとつで、301 Redirectおよび302 Redirect とともに、3xx レスポンスステータスコードのカテゴリに属します。このカテゴリはリダイレクトを扱いますが、304 Not Modified メッセージの場合、明らかなリダイレクトは含まれません。これは、アクセスしようとしているWebリソースのキャッシュされたバージョンへの暗黙のリダイレクトを指すからです。

キャッシュされたバージョンとは、アクセスとページの読み込み時間を短縮するために、中間システムに保存されているウェブリソースのバージョンのことです。その仕組みは、ユーザーが初めてウェブリソース(ウェブページなど)にアクセスするとき、そのリソースのライブバージョンが表示される可能性が高いということです。同時に、キャッシュが有効な場合、そのウェブページの要素の一部または全部が、中間サーバーや使用中のインターネットブラウザでも静的リソースとしてダウンロードされます。ユーザーが2回目に同じページにアクセスしたとき、その間に変更がなければ、キャッシュされたバージョンのリソースにリダイレクトされ、要素はすでに一度ダウンロードされているため、より速く読み込まれます。

この文脈では、304 Not Modified メッセージは、キャッシュされた後にリソースに更新がなかった場合の、リクエストに対する応答です。したがって、サーバーは自動的にユーザーをキャッシュされたバージョンに送ります。

304 Not Modifiedメッセージは、ユーザーにどのような影響を与えるのでしょうか?

影響しません。クライアント側では何もすることがありません。ユーザーは304メッセージに気づかないかもしれませんし、キャッシュされたウェブページを見ていることに気づかないかもしれません。