Skip to main content

アルゴリズムによるペナルティ

TL;DR;

Googleが与えるペナルティには、手動とアルゴリズムの2種類があります。

アルゴリズムによるペナルティは、Googleアルゴリズムのアップデート後にウェブサイトのランキングに影響を与える可能性があります。

パンダやペンギンといった過去のメジャーアップデートは、ウェブマスターガイドラインを遵守していないウェブサイトに対するアルゴリズムペナルティの根源となっています。このタイプのペナルティは、Googleによって再検討されることはなく、ウェブサイトは、ペナルティの原因と思われる問題を修正する必要があります。

アルゴリズムによるペナルティとは?

もしあなたのウェブサイトがGoogle SERPで大きく順位を落としていることに気づいたら、それは2つのタイプの問題によって引き起こされている可能性があります。

  • Google が推奨するウェブマスター向けポリシーに違反していると判断した Google 従業員による手動ペナルティ。
  • アルゴリズムによるペナルティは、特にあなたのウェブサイトを対象としていませんが、Googleウェブマスター向けガイドラインに準拠していない可能性がある特定の一般的な慣行を対象としています。

手動ペナルティは、Google Search Console アカウントの「セキュリティと手動アクション」メニューに表示されるため、簡単に区別することができます。ここにペナルティの記載がない場合、大幅な順位下落の原因はアルゴリズムによるペナルティであることが考えられます。

Googleは使用しているアルゴリズムを常に更新しており、最も重要な変更点は公開されています。時には、重要なアップデートが行われたことを発表することもありますが、具体的に何が変わったのかについては詳しく説明されません。このような発表の後、ウェブサイトの順位が下がる可能性が最も高いのです。アップデートの中には、ニッチなウェブサイトに影響を与える小さなものもあり、発表すらされないこともあるため、ついていけないこともしばしばです。一方、影響力が大きく、多くのウェブサイトに影響を与えるコアアップデートが行われることもあります。

Google検索ランキングのアルゴリズムペナルティからどのように回復できますか?

Search Consoleで再審査を依頼できる手動ペナルティとは異なり、アルゴリズムペナルティは挽回が困難な場合があります。ペナルティを受けたと思われる問題を修正する必要がありますが、これによってウェブサイトが自動的に以前の順位に戻るわけではありません。信頼回復にはやや時間がかかり、少なくとも6カ月を要するとする専門家もいます。このプロセスを早めるには、Google Search Consoleを使用して、修正したページを再びクロールするようGoogleに「招待」します。