Skip to main content

Noindexタグ

TL;DR

noindexは、検索エンジンの検索結果から除外するために、ウェブサイトのページに設置することができるタグを表します。メタタグやHTTPレスポンスヘッダなど、ページ上にコードを記述することで簡単に実現できます。

noindexタグとは何ですか?

noindexタグとは、特定のページを検索エンジンのインデックスから除外するために、Webサイトに簡単に追加できるメタタグを指します。

なぜnoindexタグを使用する必要があるのですか?

noindexタグは、検索エンジンにどのようなコンテンツを表示させるか、また、ページ単位でアクセスをコントロールするという点で、すべてのウェブサイト所有者に柔軟性を提供します。

特定のページにnoindexタグを追加すると、検索エンジンのクローラー(Googlebotなど)がそのページをクロールしてタグを確認し、そのページをGoogle検索の結果ページから完全に削除します。

ウェブサイトのランキングに影響を与えずにnoindexを設定できるのはどのページですか?noindexタグが正しいページに追加されていない場合(または間違って追加されている場合)、不要な情報が検索結果に表示されてしまう可能性があります(実装方法によっては、ウェブサイト全体が検索エンジンで見えない状態になってしまう可能性もあります)。そこで、インデックスさせたくないと思われるページをいくつか紹介します。

  • 著者の説明:ウェブサイトに著者が一人しかいない場合(あるいは複数の著者が活動している場合)、投稿が公開されるたびに、その著者の説明もページに追加され、クローラーから重複コンテンツとみなされる可能性があります。この場合、著者のページと説明文をnoindexにするのがよいでしょう。
  • カスタムページや隠しページ。特定の読者向けに限定的なコンテンツを作成した場合、その読者のためだけにコンテンツを残し、検索エンジンには表示させないようにすることができます。
  • 購読解除ページやサンキューページ:これらは、人々が一度だけ到達すべきページであり、そのコンテンツはコンテンツの観点からは価値も関連性もありません。サインインページやサインアップページもnoindexにすることを好むウェブサイトもある。
  • 内部検索結果。サイトに検索バーがあり、検索されたクエリごとに、インデックスされるページが生成される場合、これはウェブサイトのランクを台無しにする結果になる可能性があります。そのため、noindexタグは有効な手段です。

noindexタグの実装方法

noindexを実装する方法には、metaタグとして実装する方法とHTTPレスポンスヘッダとして実装する方法があり、Webサイトにとってより便利な方を選択します。

ほとんどの検索エンジンのクローラーにインデックスされないようにするには、ページの<head>セクションに次のmetaタグを記述してください: <meta name="robots" content="noindex"> 。

検索エンジンのウェブクローラーによっては、noindexディレクティブを異なる方法で解釈する場合があります。したがって、そのページが検索結果に表示されないことを確認するために、関心のある各検索エンジンのnoindex勧告を調べることを強くお勧めします。

重要!Googleによると、noindexタグが有効であるためには、クローラーがnoindex指令を見ることはなく、ページが検索結果に表示される可能性があるため、robots.txtファイルによってブロックされてはならないとのことです。