Skip to main content

Nosnippetタグ

TL;DR

Nosnippetタグは、検索エンジンが検索結果にページの テキスト、画像、または動画のスニペット(メタディスクリプション)を表示しないようにし、検索結果リストにこのページのキャッシュされたコピーを表示しないようにするものです。

Nosnippetタグについて

Nosnippetは、検索エンジンにSERPリストの下にスニペット(説明文)を表示しないように指示するボット排除プロトコルです。また、検索結果にキャッシュリンクを表示しないようにします。つまり、NosnippetタグはNoarchiveタグを含むが、NoarchiveタグはNosnippetタグを含まないということです。つまり、WebサイトがNoarchive Tagを適用している場合、そのページやWebサイトのコピーは、検索エンジンのストレージにキャッシュされないことになります。しかし、WebサイトがページのコードにNosnippet Tagを記述している場合、そのページのスニペットはSERPで利用できず、検索エンジンボットにページがキャッシュされることはない。

 

Nosnippetタグを実装するには?

Nosnippetタグを実装するのは、ウェブマスターにとって簡単な作業です。ウェブページに`nosnippet`タグを追加することで実現できます。このメタタグは次のようなものです。

<meta name="robots" content="nosnippet">のようになります。

こうすることで、検索エンジンは検索結果にスニペットを表示しないようになります。

Nosnippetタグに関連する新しいタイプのメタタグ

Googleは2019年9月、ウェブマスターが実装できる 新しいメタタグを導入し、SERPにスニペットを表示する方法をよりコントロールできるようにしたと発表しました。すでにスニペットがSERPに表示されるかどうかをコントロールすることができましたが、新しい変更後はそれ以上のことができるようになりました。

スニペットの長さ、SERPに表示される画像のサイズ、ビデオスニペットの表示量などをコントロールすることができます。