Skip to main content

ページタイトル

TL;DR。

ページタイトルは、ページ上のウェブ要素またはタグで、そのウェブページの内容の本質を説明するものです。ページタイトルは、開いているブラウザのタブや検索エンジンの結果ページで表示されます。また、SEOの観点からも重要で、ウェブクローラーはこのタグの中にある関連キーワードを探します。

ページタイトルとは?

公開されているWebページには、必ず<title>タグがあり、検索エンジンとユーザーに対して、そのページが何であるかを説明するものです。ページタイトルは 、開いているブラウザのタブに表示され、ユーザーが簡単に移動できるようにします。さらに、ページタイトルは検索エンジンから非常に重要視されており、検索クエリと関連するコンテンツをマッチさせるために検索エンジンが最初にクロールする要素の1つとなっています。検索エンジンとの関連性を考慮し、ページタイトルは72文字以下にする必要があります。それ以上は、Googleによって切り捨てられます。ユーザーの立場からすると、ページタイトルは、コンテンツに興味があるかどうかを判断するためのメインフックでもあります。そのため、ページタイトルは関連性が高く、オーディエンスの注意を引くものである必要があります。

SEOに効果的なページタイトルの作り方

良いページタイトルは、簡潔(72文字以内)で、ブランド名を含み、関連性のある 、できれば 検索ボリュームの多いキーワードを使って、数語でウェブページの本質を表現し、かつ詰め込み感がないものです。例えば、ナイキのあるページには、「Nike Men's Shoes, Clothing and Gear」というタイトルがあります。Nike.com(45文字)。一方、他のウェブサイトでは、デフォルトのHomeテキストをページタイトルとして残しています。明らかに、最初の例の方が2番目の例よりもユーザーにとって有益であり、また多くの検索クエリにマッチするキーワードを提供しています。Visitor Analyticsのホームページのページタイトルには、ブランドが含まれており、そのブランドが提供するものの本質を伝えることができます。Visitor Analytics(ビジター・アナリティクス)。ウェブサイトの統計情報。ユーザー分析。チャット。SEO(64文字)。また、NikeとVisitor Analyticsの両方が、コネクター以外のページタイトルの各単語の最初の文字を大文字にしていることに注目してください。これによって、単語がもう少し目立つようになります。Nikeは、ブランド名が4文字しかないため、文字数をあまり気にせず統合しやすいという利点もあります。