Skip to main content

ページ訪問者数

TL;DR

ページ訪問は、訪問者がクリックしてページを表示するたびにカウントされ、ウェブサイトの所有者が自分のサイトの人気度を理解するのに役立ちます。これは、ウェブサイトの人気度、有料パートナーシップや広告のコストを定義することができ、また成長と信頼の証となるため、追跡することが最も重要な指標の1つです。

ページ訪問とページビューとは何ですか?

Visitor Analyticsでは、Webサイトのページにアクセスするたびにページ訪問が記録されます。訪問者がページを再読み込みした場合、これは追加のページビューとしてカウントされます。つまり、1人の訪問者が複数のページビューを行うことができます。

他のツールでは、このようなページビューの定義を見ることができるかもしれません。また、他のツールでは、訪問は30分以内の行動とページビューのセットとして定義されるかもしれません。私たちビジターアナリティクスでは、これをセッションと呼んでいます。

 

なぜページビジット数が重要なのか?

ページ訪問数(またはページビュー)は、訪問者数、ユニークビジター数と並んで、ウェブサイトの成長を測る上で最も重要な指標の一つです。ここでは、Page Visitsをカウントする際に考慮すべき使用例を紹介します。

  • Top Visited Pagesをチェックして、最も人気のあるページを確認し、他のページでもその成功を再確認する。
  • 広告を出したい場合や、ブログやニュース関連のサイトでは、各ページの訪問が広告閲覧、ブログ記事読了、ニュース記事読了となります。これらは、インフルエンサーのキャンペーンやパートナーシップにもカウントされ、広告やパートナーシップ契約が固定価格(例:1000ビューあたりのコスト)に基づいて販売されている場合、それぞれの訪問/ビューが価値あるものとなります。
  • ブログのようにページを切り替えるようなコンテンツではないにもかかわらず、ページ訪問数が多い場合は、ユーザー体験が悪い(ユーザーが何かを探しているのに見つからず、ページをクリックし続けている)か、ユーザー行動が乱れている(訪問者がただランダムにサイトに降り立ち、実際には読まずにページを切り替え続けている)かのどちらかになります。
  • ウェブサイトがEコマースサイトの場合、購入前に製品を比較し、最適な選択肢を探し、製品を絞り込み、完璧にマッチするものを見つけるまで閲覧し続ける傾向があるため、ページ訪問数が非常に多くなる可能性が高いのです。